おすすめ白髪染めを頭皮、髪に優しいに絞って徹底比較!

おすすめ白髪染め

数多く販売されている白髪染め。

数が多すぎて人によって求めている内容にばらつきも大きく探すのも一苦労です。

髪の毛に優しく、頭皮に優しい白髪染めに縛って白髪染めを集めてみました。

 

20代で気になり始める人もいれば50代でも気にならない人もいるでしょう。

人と比べても意味がありませんが女性の場合、白髪が気になり始める平均は40歳前後と言われています。

白髪と言っても原因は人によって様々。

艶の良い黒々とした髪の毛というのは、頭皮・毛穴から生まれてくるときにメラニン色素によって色がついて生まれてきます。

これが生活習慣の乱れ(食生活やストレスなど)これは短期的な話でなく若いころからの積み重ねで頭皮の働きが悪くなり白髪を招く場合もあります。

遺伝的に色素を生みにくい場合もあります。

いずれにしても白髪といった結果で現れるわけですが、頭皮の状態を健康に保つことで綺麗な髪を作り上げることが大切なんですね。

白髪染めを選ぶポイント

ポイント1 刺激が少ない成分で作られている白髪染め

まずは頭皮、肌に刺激がないものが大前提です。

白髪染めだけでなく、シャンプーやコンディショナーなどに含まれる添加物というのは髪のツヤやさらさらへと働きかけてくれる一方、肌に刺激を与えてしまう成分なんですね。

昨今の添加物は安全といわれ健康に対しては問題ないといわれますが、あくまで健康に害がないという点です。

頭皮や毛穴の健康とはまた違った角度の話なの、でできるだけ添加物などを含まない、刺激が少ない成分で作られているものが好ましいです。

ポイント2 トリートメント

トリートメントの白髪染めだからいいという訳ではありませんが、刺激が少ない白髪染めを探すとどうしてもトリートメントタイプにたどり着きます。

お風呂に入る前や、入ってシャンプーが終わった後など手軽に使えるのがトリートメントタイプの強み。

また、自然由来の染料を使っている商品も数多く安心して利用できるのが大きなメリットです。

一方、ドラッグストアなどで販売されている白髪染めなどに比べ染まるまで時間がかかるのがデメリットです。1回でなかなか染まらないため2~3回使用して染めていくことになります。

ポイント3 保湿

トリートメントタイプで必ずと言っていいほど含まれる言葉が保湿です。

保湿成分も様々な工夫がほどこされています。

うるおいを持つというのは頭皮、毛穴、肌、どこをとっても大切です。健康な頭皮を保っているからこそ健康な髪が生まれてきます。

優しいといった言葉で最も体感しやすい部分かもしれませんね。

ポイント4 

これはどうにもなりませんね。各メーカー、白髪染め需要がある色を販売されているのですが、好みというのは人によって変わるものです。

比較している商品は、一応並べているものの良質な白髪染めばかりです。どれがいいか悩んでいるならば色で選んでみるのもいいかもしれませんね。

おすすめ白髪染め一覧

利尻ヘアカラートリートメント

保湿とうるおいを与える、利尻昆布を使った利尻ヘアーカラートリートメント。染料も自然由来の成分で作られていて長く愛されている白髪染めです。

色は4種類。明るめの色が多いですね。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

北海道は函館のガゴメ昆布を利用している、ルプルプ・ヘアカラートリートメント。

一般的な白髪染めに含まれるアルカリ性をより酸性に近づけた微アルカリ性で作られていて、頭皮はもちろん肌に優しいのが特徴です。素手で利用しても、利用中に壁についてしまってもすぐに落とせることから優しさを実感しやすい白髪染めですね。

色は4種類。落ち着いた色合いが特徴です。

マイナチュレ ヘアーカラートリートメント

1本で4役(白髪染め、スカルプケア、ヘアケア、エイジングケア)。オールインワンパッケージのマイナチュレ カラートリートメント。

髪のハリ、ツヤ、コシ、ボリュームなどなど広い範囲を一本でケア。

色は2種類。選択の幅が少ないのが気になるところ。気に入った色が嵌ればよいですね。