LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメントで染めてみました。

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメント

ヘアカラーを利用するので怖いのは地肌にダメージを与える事です。

一般的に市販されているヘアトリートメントではどうしても地肌にダメージを与えてしまい、白髪を染めて綺麗に仕上げることで更に白髪の原因を作ってしまったり、更に頭皮を傷つけフケや痒みの原因になってしまう事もあります。

年齢を重ねるとどうしても大きな悩みになってしまう、白髪そして頭皮(フケ、痒み)の問題。

頭皮をいたわ、る白髪染めLPLPの白髪用ヘアカラートリートメント、実際に利用してみました。

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメント

ルプルプヘアトリートメントは微アルカリ性

ルプルプヘアトリートメントは微アルカリ性

とてもじゃないですが数えきれるものではありませんよね。多く発売されている白髪染めの数々。

ドラッグストアをはじめ、ショッピングモールにネット通販でも沢山の数が出回っています。

それ程、白髪は女性にとって不要なもの。髪の毛に白いものが混じるだけで5歳は年を取って見えるといわれるものです。

そんな白髪染めの中でしっかりとした特徴を持っているのが、LPLPの白髪染め白髪用ヘアカラートリートメント。

その人気に裏付けされる特徴とは、髪に頭皮に優しく髪を、綺麗に染めてくれる事にあります

一般的な白髪染めはアルカリ性でできており、髪の毛が傷みやすく頭皮にもダメージを与えるものです。

体には害はないといわれますが、あくまで健康上の話です。

「髪、頭皮に優しくしましょう」というのは意味もなく言っているのではありません。

頭皮が健康な状態、若さがカバーしてくれる状態なら髪の毛も頭皮も気にならないかもしれませんが、年齢と共にどうしても髪の毛がパサつく、ボリュームが落ちた、フケや痒みが気になるといった症状が気になり始めます。

LPLP(ルプルプ)は、微アルカリ性で作られていて染める力と健康な頭皮をに働きかける、二つの力で作られているんですね。

微アルカリ性できちんと染まるの?

では、何故一般的な白髪染めがアルカリ性で作られているのでしょうか?

「アルカリ性」の白髪染めと「微アルカリ性」の白髪染めのメリットとデメリットを見ていきましょう。

頭皮の健康に良くないのであればアルカリ性を避けて作るはずです。非常に安価で非常に強力に染まるという大きなメリットがあるアルカリ性の白髪染め。

反面、私たちが思っている以上に取り扱いが難しいのがデメリットです。美容院で使われる白髪染めもアルカリ性のものでプロの美容師さんが、技術で仕上げてこそ綺麗で健康に保てるものなんです。

一方、微アルカリ性の白髪染めですが頭皮に優しい、肌についても安心、扱いやすいといったメリットがある反面。

アルカリの力が弱い分、染まりにくいといったデメリットがあります。当然、ルプルプはデメリットをしっかり解消して染まりやすいように工夫されて作られているんです。

LPLP(ルプルプ)が染まる理由

LPLP(ルプルプ)は綺麗に落ちる

LPLP(ルプルプ)は販売に携わる全員のスタッフが毛髪診断士の資格を取得していて髪・頭皮のプロフェッショナル。

そのプロフェッショナル達が導き出しだした答えが一般的な白髪染め(酸化染毛剤)を利用しない、ヘアカラートリートメントタイプ(ヘアマニュキュアタイプ)の形です。

天然色素で綺麗に仕上げていく、髪に優しく、頭皮に優しく。お手軽に染めれるのがLPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメントの最大の特徴なんですね。

市販のヘアカラーを使ってみたけど、髪の毛のパサつきが気になる。ゴワゴワして気持ちが悪い。フケや臭いがきつくなった。

そんな、悩みを抱えている方に人気。そしてオススメしたい白髪染めですね。

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
LPLPヘアカラー 約1ヶ月分
定期初回購入 1,980円(税別)送料無料
2回目以降 3,240円(税別)送料無料

LPLP、白髪染めの特徴を詳しく見ていきましょう

市販されている白髪染めの最大のメリットそれは安価で強力に染めてくれる事。

そして最大のデメリットは髪に頭皮に優しくない事。

特にデメリットは白髪染めを利用したことある人なら誰しも感じたことあるのではないでしょうか。

終わったと髪がパサつく、ゴワゴワしている。髪を無理やり染めて受けたダメージがそのまま表れてしまう。安価な商品と引き換えに代償は大きいものです。

何故、白髪染めで髪の毛が傷むのかと言えば化学薬品(酸化染毛剤)を利用してキューティクルを無理やり髪の毛の内部に色を流し込んで着色していくから。染めた後の仕上がりで髪の毛のパサつき、ゴワゴワするのはこのためなんですね。

何より髪だけ痛むのではなく頭皮にダメージを与えるのはその酸化染毛剤の強すぎる力からと言っても良いでしょう。

それを、ヘアカラートリートメントタイプ(ヘアマニュキュアタイプ)で髪と頭皮を優しくいたわりながら染めていきます。

その染料もしっかりこだわって作られています。

LPLP白髪染めで使われている植物由来の天然染料

古来から白髪というのは老いの象徴であり、クレオパトラも染めていたと言われる程、ポピュラーなものなんです。

当然、現在の様に科学技術が発達したわけじゃないです。

では、どうやって染めていたかと言えば植物の力を利用していたのですね。知恵と経験で作られた技で白髪を隠していたんです。

LPLP(ルプルプ)のヘアカラートリートメントで植物由来の天然染料を利用しているのも頭皮、髪に優しく利用できるからなんですね。

紅花、クチナシ、藍。肌へ負担を掛けない植物の恵みでナチュラルに仕上げてくれます。

LPLPのヘアカラートリートメント、ただ髪の上から塗るだけではない

髪の上から綺麗に塗るだけではヘアマニュキュアと同じですよね。当然それだけではありません。

先に書いた通り一般的な白髪染め、ヘアカラーは髪の毛のキューティクルを酸化染毛剤で酸化させて剥がし染み込ませていきます。

これをpH値で示すと約9~11と非常に強いアルカリ性であることが分かります。

もちろんただ意味に数値が高い訳でなく染めるという事だけ考えればキューティクルが開きやすく染めやすい面もあります。

しかしLPLPのヘアカラートリートメントの場合、ph8で作られていて微アルカリ性に属します。

この場合、キューティクルの開きが悪くなりますが頭皮や髪には優しく、綺麗胃に染めあがることが出来ます。

頭皮と髪の毛を綺麗に保つための大切な保湿

そして、染めると同時に大切なのが保湿です。

特に頭皮のうるおいというのは、頭皮環境に非常に大きく係わりを持っています。

シャンプーを変えたら、白髪染めを利用したら、フケや痒みが増えた気がする。それは、髪ではなく頭皮の環境が悪くなったことが原因の可能性があります。

LPLPのヘアカラートリートメントは保湿に徹底的にこだわっているのは使われている素材を見ればわかります。

まずは、北海道函館産のガゴメ昆布。あまり聞き馴染みのない昆布ですがかなり希少なものです。

同じ白髪染めや育毛剤で多く使われる、昆布。その秘密はフコイダンと呼ばれるねばねば成分。

髪と地肌を保護してくれます。さらにフコダインはFGF-7という髪の成長因子に働きかけてくれ育毛をサポートしてくれます。

他にも、グリセリン、ヒアルロン酸Na、グリシンなど全力で保湿に働きかけてくれるんですね。

正しい頭皮環境を保つために正しい保湿を行うことで、正しい髪も保てる。肌に限らず体全般にいえる大切なことです。

そして当然の無添加処方

頭皮への刺激は頭皮へのダメージに繋がります。

無香料、無鉱物油、ノンパラベン、タール系色素、ジアミン系酸化染毛剤不使用。

既存の白髪染めで悪影響を及ぼす可能性があるものを取り除き、しっかりと頭皮へ優しい形で作られています。

白髪染めは酸化染毛剤の強すぎる力でて荒れの原因に色が落ちないなどで素手での利用は厳禁です。

しかし、LPLPは素手で利用してもしっかり洗い流すことが出来ます。(それでも、ビニール手袋を使った方が汚れず便利ですが)

その位肌に優しく作られているという事なんですね。

LPLP白髪染めヘアカラーの口コミや評判は

口コミや評判のその多くは、髪、頭皮、そしてきちんと染まったかといった内容が殆どですね。

そして、良くも悪くも購入前に期待していた効果がキチンと現れたか、現れるまでの時間がどうだったかというのがポイントですね。

良い口コミを見てみると

ドラッグストアや薬局で購入していたけど・・・

そこから乗り換える形で行き着いた方がLPLPのヘアカラーに乗り換えているケースが非常に多く目立ちます。

では元々利用していたものになんの不安があったかと言えば、

頭皮が痒くなった。何だかフケが気になってきた。髪のパサつき、ゴワゴワ感が嫌だ。

みんな、若い頃には気にもならなかったヘアカラーが年齢と共に肌の方が負ける様になり、ワンランク上の肌に優しい白髪染めを探し求めているという事です。

敏感肌、乾燥肌が辿り着く白髪染めでもあることからその優しさは分かりますね。

更に、頭皮の毛穴からシャンプーやヘアカラーの成分が体内に入り込む経皮毒。日常の生活では問題になりくいですが、妊活や妊娠といった未来の宝物に配慮して購入する人の声も多いです。

悪い口コミを見てみると

良い口コミばかり見ても、良い商品とはいえませんよね。

どんなものには良し悪しあるもの、悪い口コミで多く見られたのは、染める力の弱さです。

1度では綺麗に染まりきらない弱さがウィークポイントですね。

市販の物と比べて肌に優しい、髪に優しい。それは今まで解説した通り優しい成分で作られているからです。

その反面、染める力というのは弱くなってしまいます。

初めて利用するときは3回ケアして染めていく必要があることからも分かります。それは頭皮と髪と染める力のバランスで作られている為です。

初回だけは一手間掛かってしまうのはしょうがないところではありますが、大きなデメリットと言えるでしょう。

LPLPヘアカラーの最安値は?

楽天でも販売されていますが公式サイトでの購入がもっともお得になります。

定期購入であれば初回半額の割引が付いてきますし送料も無料になります。

定期購入と言っても毎月届くわけでなく、毎月、2カ月毎、3ヵ月毎と自分の生活スタイルに合った量を配送してもらうことができます。

また商品到着から10日間の全額返金保証(返却送料は自己負担)がついてくるので安心して購入ができます。

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
LPLPヘアカラー 約1ヶ月分
定期初回購入 1,980円(税別)送料無料
2回目以降 3,240円(税別)送料無料