女子髪

女性の美しい髪の毛を作るそして保つ。

白髪染めの選び方


髪の毛にいつの日からか気が付いたら混じっている白髪。

折角綺麗に整っている髪の毛も、たった一本の白髪が混ざるだけで一気に老けて見えるものです。

家で白髪のセルフケア、美容室でケアする。

方法は沢山ありますが、沢山あり過ぎて逆に悩みが深くなるばかり。

白髪染めを少しづつ紐解いて、貴方に合った方法の手助けになれば幸いです。

自分に合った白髪染めを選択しよう!

簡単そうで、難しい。単純だけど奥が深い。それが白髪染めです。

考えすぎても先に進まないし、考えなければ未来の自分の髪の毛に影響が。

ただ髪の毛をケアするだけなのに、なぜこんなにも多くの白髪染めが販売されているのでしょうか。

ドラッグストアやコンビニに行けばヘアカラーにヘアマネキュア、一般店舗では販売されていないネット通販のみで販売。

美容室でもケアしてくれますよね。

まずはその特徴みていきましょう。

白髪染め美容院と自宅でセルフケアどっちが良いの?

美容室でついでに白髪染めてもらおう。でも、安くないし自分で染めちゃおうかな。

常にこの繰り返しで悩んでいる人も少なくないと思います。

結局どっちの方が良いのか。実はみんな分かっている悩みですね。

それは「美容室の方が良い」という事です。髪の毛の専門家がムラなく綺麗に仕上げてくれで、馴染みの美容院なら貴方の髪質や肌質まで気に掛けてくれます。

但し、悩みの殆どがコストです。専門家にケアしてもらうということは当然コストはかさむものです。

多くの人が行っているのが、3ヶ月~半年に1度美容室で染めてもらい後は自分でセルフケア。

綺麗に保ちたい気持ちと、コストパフォーマンスを考えた建設的な方法といえますね。

白髪染めの種類と特徴

「髪の毛が傷んでますねぇ」なんて美容室で指摘されたことありませんか?

髪の毛が傷む、頭皮が傷む理由は沢山あります。紫外線を受けた髪が痛む、シャンプーやコンディショナーが合わない。そして、白髪染めで頭皮にダメージを受けて痛む、などなど。

特に白髪染めは商品によってはかなり刺激が強く、今日明日の綺麗な髪の毛を作るのに未来の自分を犠牲にしてしまうものも存在します。

特に市販されている安価なものは、髪を染める事だけに着目してるものが多く使い方には注意が必要です。

ヘアーカラートリートメント

一般的に白髪染めと言えばヘアカラーを指します。安価なものからそこそこの値段まで幅広く。色の種類も豊富。

髪の毛から色を抜いて、別の色を浸透させていきます。

ヘアのカラーリングは酸化除毛剤といった化学物質で髪の毛のキューティクルを広げます。

広げた髪の毛内部のメラニン色素を脱色していきます。そして、酸化剤がキューティクル内部に閉じ込められることで髪が着色されます。

強力に染めてくれる一方、髪の毛に負担が大きく安価な商品は特にそれが顕著です。

高価な白髪染めになればなるほど、髪の毛や頭皮に負担を掛けない様に工夫されているのが特徴です。

ヘナカラー

自然の力を借りて髪の毛に美しさを取り戻すのがヘナカラーの特徴です。

その分、速効性が無く色付けに時間が掛かり。ジワジワケアしてくことになります。

速効性に欠ける分、髪の毛に負担が少なく。30代半ばから髪の毛だけでなく頭皮にも拘りたい女性に人気ですね。

ヘアマニュキュア

髪の毛の上に色をかぶせて綺麗な髪の毛に見せていきます。

あくまで髪の毛の上に塗っているだけなので毎日のシャンプーで剥がれ落ちていくことになります。

手間と労力の割りに持続しないのが難点ですね。

   

 - 白髪染め