女子髪

女性の美しい髪の毛を作るそして保つ。

そのシャンプー、肌に合っていますか?


シャンプーが頭皮や肌にあっていますか?

シャンプーの髪への効果は今回はおいておきますが、そのシャンプーは自分の頭、肌にあっているでしょうか?市販されているシャンプーは人に悪影響を与えるような強い成分入っていないはずです。

しかし、それでも万人に影響がないとはいえない成分も入っています。特に若い頃は成分の力に肌が勝っていたのに年をとるにつてれ肌が負ける様になってしまい、かぶれ、皮膚炎などの症状を引き起こす方もいます。

当然そのような症状が現れれば使用を中断したほうがいいのは間違いありません。しかし、長い間体感できる症状がでないまま利用されている方も当然います。

そうすると知らない間に頭皮痛みが進行し、頭皮の乾燥につながり頭皮が過剰な皮脂の分泌始めニオイの原因になってしまいます。  

いい匂いだから、お手ごろだから、気持ちはわかります。しかし髪のハリやツヤ、なんだか最近頭皮がべたつくような気がする、自覚症状が出始めたらシャンプーの見直しのサインです。

どんなシャンプーが頭皮に優しいの?

肌にやさしくない成分を考えていけば答えはでてきますね。

強力な洗浄力を持つシャンプー、これは汚れを洗い流すのには最適なのですが、本来頭皮に必要な皮脂も洗い流してしまう為頭皮にやさしくありません。代表的なのがパラペンや石油系界面活性剤です。

これらの成分を除いてある、シャンプーは頭皮やさしいということになります。

また、最近流行のアミノ酸系のシャンプーもおすすめです。

シャンプー、コンディショナー等をきちんと洗い流す

頭皮や肌に合う合わない、根本的な問題としてそれがあるのは間違いありません。

ですが、必ずしもシャンプーに問題があるとは限りません。

原因の一つにシャンプー、リンス、コンディショナー、整髪料等々、頭皮に直接ついているものをきちんと洗い流せていない場合も同じような症状が起きます。

きちんと頭皮を洗ったにも関わらず、その洗い流し、すすぎがきちんとされていないと、頭皮に成分が残り続け頭皮にダメージを与えてしまいます。これは頭皮や肌に合う合わない以前の問題なのです。

なんとなく髪だけを洗い流している、そんな人は多いと思います。髪の毛の洗い流しは重要ですが、それと同じくらい頭皮の洗い流しも重要なのです。

できるだけゆっくり長い時間、生温い温度で(35度前後)、3分以上かけて洗い流すのがいいといわれます。  

シャンプーのまとめ

頭皮のニオイの原因となるシャンプー。その原因は利用方法から、その選び方と要因はさまざまです。まずはシャンプーやコンディショナーの後、頭皮を綺麗に洗い流すよう心がけましょう。

それでも長い年月をかけて痛んでしまっている場合は、その治療に多くの時間をかける必要があることは覚えていたほうがよいでしょう。

次にそれでもニオイの改善されない場合は、利用しているシャンプーを疑うべきでしょう。可能な限り無添加のシャンプーの利用に変えて、また頭皮の回復に勤めることが重要です。  

・シャンプーや頭で利用するアイテムを時間を綺麗に流れ落とす

・時間をかけて痛んだ頭皮の回復を行う

・利用しているシャンプーを無添加のものに変更する

  • これらを実行するだけで、頭皮の状態はよくなっていき、頭皮の嫌なにおい改善の一歩になりますよ。

キュアリス 女性の痛んだ頭皮を、無添加シャンプーで回復、キュアリスの解説ページへ

      2017/06/16

 -