女子髪

女性の美しい髪の毛を作るそして保つ。

頭皮、髪に優しい白髪染め、徹底比較ランキング

Pocket

数多く発売されている白髪染め。中味は一長一短。

染めやすい染めにくい。

肌に優しい、厳しい。

髪がぱさぱさになる、手触り感触が素敵に。

ただ染めるだけでいいのならば、ドラッグストアや薬局で販売されている安価な白髪染めで十分です。

しかし、乾燥肌、敏感肌、年齢と共に衰えてくる頭皮に髪。

染めるだけでは無い、頭皮の事、髪の事を考えて作られている白髪染めにポイントを定め、比較。そしてランキング形式で見ていきましょう。

頭皮に優しく、髪にも優しく、白髪染めランキング

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
LPLPヘアカラー 約1ヶ月分
定期初回購入 1,980円(税別)送料無料
2回目以降 3,240円(税別)送料無料

LPLP(ルプルプ)白髪用『ヘアカラーフォーム』
LPLPヘアカラー 約1ヶ月分
定期初回購入 1,980円(税別)送料無料
2回目以降 3,780円(税別)送料無料

白髪染め
利尻ヘアカラートリートメント 約1ヶ月分
初回限定価格 2,160円(税込)送料540円
通常価格 3,240円(税込)送料540円

頭皮、髪に優しい白髪染めの選び方

何故、頭皮に優しい、髪に優しい白髪染めを選択する必要があるのか。

それは、単純な話です。頭皮と髪を健康に保ち白髪を染める事が重要だからです。

一般的に販売されている(ドラッグストアや薬局など)白髪染めは安価で手軽で購入できる反面、非常に強い酸化成分で作られているので非常に強い染力を発揮します。

それは髪を痛め、頭皮を痛めて髪の毛に色を付けていると言っても過言ではないでしょう。

痛めつけるといっても、健康に害をなす程度ではありません。(この辺りは経皮毒など諸説あります。医療サイトではないので割愛しますが)

しかし、乾燥肌、敏感肌、髪のパサつきが気になる、フケが増えたなどなどシャンプーやヘアカラー、そして白髪染めを利用して気になるという人は少なくありません。

それは安価な白髪染めで利用している成分を見れば想像できます。酸化染毛剤、非常に強いアルカリ性で髪の毛のキューティクルを剥がすことで染料を流し込み色を付けていきます。

ヘアカラーや白髪染めではお馴染みのあのツンとした酸の臭いはこの成分のせいなんですね。

逆に言えば、酸化染毛剤を利用しない白髪染めは中々染まりにくいといったデメリットがあります。

今回の白髪染めラインキングの肝は頭皮に優しい、髪に優しいのは当然。そのデメリットをいかに克服しているのか、中々染まりにくい白髪染めを上手に工夫している事が大きなポイントになっていると言ってよいでしょう。

頭皮に優しい、髪の毛に優しい白髪染めを選ぶといっても、それと引き換えに染まりが悪くなるのであればあまり意味がありませんよね。

数多く発売されている白髪染めでも様々な種類、その特徴にメリットデメリットがあります。

白髪染め 頭皮・髪へのダメージ 染まり具合 手軽さ 種類(色の豊富さ)
ヘアカラー ×
ヘアマニュキュア 極小
シャンプー&トリートメント
ヘナカラー 極小 ×

上記の表は一般的商品でくくっているので必ずしもイコールでないことは覚えておいてください。

白髪染めの種類によるメリットとデメリットをもう少し噛み砕いて見てみましょう。

白髪染めヘアカラー

市販されている白髪染めのほとんどはヘアカラータイプに分類されます。

非常に安価で強い力を持つ反面、その力は頭皮や髪の毛に大きな爪痕を残すことがあるのも特徴です。

酸化染毛剤という非常に強いアルカリ性の成分を含むのが特徴です。非常に強い酸の力で髪の毛のキューティクルを剥がし髪の毛の内部に染料を浸透させるので、強力に染めることができます。

ゴワゴワしたり、パサつきを感じるのはキューティクルが剥がれてしまい髪の毛が傷んでい状態になっているからです。

髪の毛を痛めるくらいの酸の力を頭皮に触れてしまえばダメージを受けてしまうのは当然です。

白髪染めヘアマニュキュア

髪の毛の上から、色を塗っていくのがヘアマニュキュアです。

髪の毛を痛めず、上から塗っていくだけなので頭皮、髪にやさしいのが最大のメリットですね。

しかし、上から塗っていくのでやや染まりにくく、更に日々のシャンプーなど洗浄で色が落ちやすいのが難点です。

白髪染めのシャンプーやコンディショナー

日々のお風呂で、髪を洗う際に利用することで染めていくので最も手軽。それが白髪染めのシャンプーやコンディショナータイプですね。

但し、シャンプーと白髪染めを合わせて利用するので中途半端なものが多いのが特徴です。

白髪染めヘナカラー

ヘナカラーはヘナの葉を乾燥させて染料として利用している、自然の白髪染めです。

自然に存在する素材を利用しているので、頭皮や髪に非常に優しいのが特徴ですね。

その分、染める力は非常に弱く、また染まってもシャンプーを繰り返すことで非常に落ちやすいといったデメリットも。

上手く利用できれば頭皮や髪の毛に心強いですが、手間と労力が非常に掛かるという事がどこまで許容できるかにかかっているともいえます。

 

 

公開日: